最新記事一覧

困った野鳥への対処

鳩

防鳥ネットを使う

鳩という鳥は、平和の象徴として人々に愛されています。公園の広場などで餌をついばむ姿は実にほほえましいものです。しかし、鳩が多く集まる地域では、糞害などの被害も深刻になっています。また、この鳥は、人の住居を利用して営巣することが結構あります。アパートやマンションのベランダに巣を作られたという人も相当な数で存在します。鳩が人の住居に巣を作るのは、鷹や鳶などの天敵から身を守るためと言われています。人気があることで猛禽類が近づけず、安全が確保できるのです。とは言うものの、ベランダに巣を作られた方は大いに迷惑します。鳩の糞や羽毛が飛び散って、窓が開けられないという状態になってしまった事例も相当あります。そのような事態を防ぐためには、早い段階での対策が重要です。鳩がベランダに巣を作っているのを見つけたら、直ぐに撤去することです。ただ、巣を撤去しただけでは、同じ個体が再びやって来ます。鳩は縄張り意識が強く、自分の陣地を決めると、何度でも飛来します。巣を壊して鳩を退散させたら、防鳥ネットでベランダをカバーする対策も大事です。ただ、防鳥ネットの対策にも落とし穴があります。防鳥ネットに穴が開いた場合は、そのままにすると、再び鳩の侵入を許してしまいます。防鳥ネットの中は、更に安全な営巣場所となってしまうので、ネットの状態の確認を怠らないことも忘れてはなりません。1度鳩に目を付けられた家屋は、相手が諦めるまで、対策の手を緩めないことです。