最新記事一覧

南京虫を死滅させるために

南京虫

薬剤を使わない方法も

南京虫は、正式名称をトコジラミと言います。ただ、シラミの仲間ではなく、カメムシの一種です。南京虫を潰した時に出る悪臭は、カメムシ特有の臭いです。南京虫は、戦後の衛生状態が悪化した環境ではよく見られました。しかし、殺虫剤の普及で今ではその姿を見ることは殆どなくなりました。ただ、海外から持ち込まれる事例は増えています。特に東南アジア地域で発生が見られ、その地域からの荷物に混じって国内にやって来るのです。そのため、南京虫の被害は、決して不潔とは言えない環境で起こっているのです。海外旅行をした後に、南京虫の被害に見舞われたという人も大勢います。このような事例で厄介なことは、家庭用殺虫剤が効きにくいという点です。最近の南京虫は、殺虫剤に対して耐性があり、ゴキブリ用の殺虫剤では効果が出ないのです。また、殺虫剤が効いても、産み付けられた卵は生き残ります。成虫も卵も死滅させるためには、専門の南京虫駆除業者に依頼することが得策です。専門業者による南京虫駆除は、大きく二つに分類されます。一つは強力な殺虫剤を散布する方法ですが、人の生活圏に強力な薬剤を用いるのは考え物です。もう一つの南京虫駆除は、薬剤を使う代わりに瞬間冷却剤をスプレーする方法です。マイナス10度にもなる冷却剤は、成虫も卵も殺してくれます。薬剤散布と違い、健康面への心配もありません。こちらの南京虫駆除法は、小さい子供やペットがいる家庭に最適です。