最新記事一覧

シロアリ

自分で対応できる範囲

シロアリ対策を行う上で重要なのが素人で対応できる範囲と業者に依頼しなければいけない範囲をしっかりと把握しておくことです。もし複数の箇所にシロアリの生息を確認した場合には業者に依頼しましょう。この際、業者を選ぶ時には実績とサービスの確認をしましょう。

詳しく見る

南京虫を退治する方法

作業員

駆除の作業内容

南京虫(トコジラミ)は、昼は畳の裏側や壁紙の中などに潜み、夜になると出てきて人やペットの血を吸って生きています。成虫の大きさは5ミリメートルほどなので、よく見ないと気づきません。また、卵は1ミリメートルほどの大きさで、一般人が見つけることは困難です。また、成虫は1日に数個の卵を産み、繁殖力も旺盛です。そのため、表面に出てくる成虫と巣にいる卵も駆除することが重要です。個人で目の前にいる成虫なら南京虫駆除用のスプレーで対策できますが、潜んでいる成虫や巣を見つけることは困難です。自分で何とかしようとしているうちに、被害が拡大してしまいますので南京虫駆除の業者に依頼しましょう。南京虫駆除の業者は、成虫の死骸やシミなどから巣の場所を特定しています。成虫は赤茶色の糞をするので、それがシミとなって残ります。このシミの跡を辿っていき巣の場所を探し出すのです。見つけた場合は、高圧スチームや薬剤塗布・散布などの処理を行います。高圧スチームとは約100度の高温スチームを巣に噴射する駆除方法で、成虫と卵は高熱に弱いので死滅します。また、スチームの風圧と高温の蒸気に驚いた成虫が、飛び出してきたところを殺虫することもできます。薬剤塗布は南京虫の通り道や隠れそうな隙間に薬剤を散布して駆除する方法で、塗った場所に薬が残るので効果が持続します。薬剤散布は、水溶性の薬剤を室内に散布する方法ですが、人やペットには臭いや薬の影響はありません。業者は、各家庭の状態に合わせた南京虫駆除を行っていますので、早急に相談することをオススメします。

イタチ

天井裏に発生する獣害

イタチによる住宅の被害は増加傾向にありますが、その駆除を自力で行うことは困難です。そこで、専門の業者が活躍します。彼らはイタチの生態に精通し、侵入口や巣の特定、実際の駆除、更には駆除後のフンの除去や消毒まで行ってくれます。イタチの被害に悩まされているなら、ぜひ専門の業者を活用しましょう。

詳しく見る

鳩

困った野鳥への対処

鳩は、平和の象徴でありながら、時に深刻な被害も齎します。ベランダに巣を作る等の事例も結構あります。鳩がベランダに巣を作ったら、早めの対策が重要です。巣を撤去して防鳥ネットでベランダをカバーする工夫も大事です。そして、防鳥ネットには穴が開いていないかを、定期的に確認することです。

詳しく見る

南京虫

南京虫を死滅させるために

海外から持ち込まれた南京虫の被害が増えています。最近の南京虫は薬剤に耐性があり、家庭用殺虫剤が効きにくいという問題があります。徹底的に南京虫駆除を行うには、専門業者に依頼することが得策です。薬剤散布が心配という人には、瞬間冷却剤を用いた駆除法も用意されています。

詳しく見る

シロアリ被害

害虫は業者に駆除依頼

シロアリ対策は、駆除業者に頼んでやってもらうようにしましょう。その方が効率よくできるうえ、安全性を確保しながら駆除できます。またアフターケアが充実した駆除業者を利用すれば、再発してもすぐに対応してもらえるので簡単です。

詳しく見る